高齢者ホーム事業のバックアップ

「高齢者住まい法」※平成23年4月成立 ※高齢者の居住の安定確保に関する法律

制度改正により、高齢者を対象としたより安心・安全な住環境を提供する新しいタイプの住宅の整備が推進されることとなりました。
国は建設費のバックアップなどに力を注いでいます。民間による高齢者ホームづくりは今が好機といえます。

 

●補助金5000万円 参考例

サービス付高齢者向け住宅(70戸)を5億円で建設した場合
1. 5億円の1/10       = 5000万円
2. 100万円/戸 × 70戸 = 7000万円

この場合補助金は5000万円となります。

OHSACHIでは新制度の「サービス付高齢者向け住宅」に対応した事業計画を行っております。新制度を有効に活用されたい方、詳しくお知りになりたい方は是非一度弊社までご相談ください。

お問い合わせ・会員登録申込み お問い合わせ・会員登録申込みを検討されている方は、こちらをクリックしてください。

トップページへ戻るページ先頭へ