高齢者ホーム(サ高住・有料老人ホーム)事業参入は今が絶好の機会

世界的にも異例なスピードで突き進む、わが国の少子高齢社会!
団塊世代のリタイアによる急激な高齢者の増加!
2020年には国民の3人に1人が65歳以上の高齢者になるという現状!
この現状に質・量ともに出来ていない高齢者介護対策!
2010年、国交省は今後10年間に民間による60万戸の高齢者施設開発の緊急対策を発表!
民間投資による長寿社会支援、福祉施設充実への期待度増!

介護を必要とする高齢者は600万人にも達するという予測がなされています。国民の高齢化がますます加速していく現状への対策として、国は民間の高齢者ホーム建設の後押しを決定しました。今後、民間の投資なくして高齢者施設の充実を図ることはできません。ますます民間への依存度が高まっているのは周知の事実です。

国は今後10年で民間の高齢者ホームを60万戸整備する計画を立てており、低金利融資、補助金、減税などの施策によって建設の後押しを推進しています。社会のニーズと国の後押しの両方が揃っている今は、高齢者ホーム事業参入の絶好の機会だと言えるでしょう。

御社の高齢者ホーム事業をトータルサポート!OHSACHIがご提供するELSシステムとは?

トップページへ戻るページ先頭へ